横井川 美琴

レンタルドレスの選び方について情報をリリースしていきます。ご意見ご要望は、admin@aslocumstory.comまで宜しくお願いします。

レンタルドレスのプチラパン

結婚式の披露宴

結婚式の披露宴に呼ばれて悩むのが、着ていくドレスでしょう。
どんなドレスを着ていこうかと言うことと同時に、どんなドレスを着てはいけないのか、バッグやアクセサリーはと悩みがつきないものです。

・ホワイト系のドレス
白いドレス、特に純白系のドレスは、花嫁のものです。
間違って着ていくと、どちらが主役かとみられます。
できるだけ、ホワイト系は避けましょう。
もし、ホワイト系のドレスを着るときは、ショールやストールなどに他の色を使い、イメージを変えましょう。
ただし、キラキラしすぎるラメなどが入ったショールやストールは避けましょう。
ちょっと下品になりかねません。

・黒一色のドレス
黒一色のドレスは喪服に見えますので、おめでたい結婚式では避けます。
黒を使うときは、明るい色のドレスに黒いショールのように組み合わせましょう。

・ノースリーブやミニスカートのドレス
肩を出したノースリーブや極端に丈の短いドレスは、ちょっと場違いなイメージを与えてしまいます。
ナイトパーティーのような披露宴なら許されますが、明るいうちの披露宴は避けましょう。
ノースリーブのドレスを着るときは、ショールやボレロなどで、肩を隠すようにしましょう。

・サイドのスリットが深いドレスや胸元が露出するドレス
これは、論外だと思います。
露出度の高いドレスは、セクシーさが強く出て、だらしがなく見えますし、目のやり場に困ることがあります。

・毛皮のドレスやショール(ファー)、バッグ
動物系の生地は殺生をイメージさせますので、おめでたい結婚式の披露宴などで着用するのはやめましょう。
部分的に毛皮を使ったドレスも駄目です。

・素足や黒のストッキング
きちんとした披露宴では、素足はカジュアル過ぎます。
また、タイツもカジュアルなものですので、ふさわしくありません。
そして、黒のストッキングは喪服のイメージがありますので、避けましょう。
披露宴のときは、無地のベージュ系のストッキングをはきましょう。

・お花の髪飾り
お花(生花)をあしらった髪飾りは、花嫁がよくつけていますので避けましょう。

・派手なアクセサリー
主役は花嫁です。
あまりにもキラキラ過ぎるアクセサリーは、目立ちすぎて嫌われます。
特に、昼間の披露宴では、光り物は避けましょう。
アクセサリーは、さりげないパールが良いでしょう。
夜の披露宴では、多少の宝石類なら身につけてもかまいません。

・二連のネックレス
二連のネックレスは、不幸が重なるという意味で、お葬式などでは御法度とされているところから、あまりつけない方が良いとされています。
特に、年配の方は、気にされる方が多いようです。
最近では、披露宴やパーティーなどでは、問題ないとされていますが、気にされるのでしたら避けましょう。

・腕時計
過度に気にすることはありませんが、結婚式では時間を気にするのは良くないことだと言われています。
年配の方や場所によっては気にされる方がいますので、できれば外しましょう。

・紙袋
小さめのバッグでは入らないからと言って、紙袋を会場に持ち込むのは避けましょう。
紙袋はクロークなどに預けてください。