同窓会

同窓会に着ていく服装は、場所や年代などに応じて気をつけなければいけないことがあります。

・ホテルの会場では
ホテルの会場で行われるときは、ドレスやワンピースなどでちょっとお洒落をしましょう。
あまりカジュアルすぎて、普段着のような服装で行くと、その場の雰囲気をこわしかねません。
いくらブランドものでも、デニムは避けましょう。

・若作りしないように
同窓会は同じ年代の方が集まります。
ちょっと目立ちたいからと言って、若作りしたドレスなどを着ていくと、逆に浮いてしまいます。
やはり、年代を意識した服装が大事です。

・リクルートスーツのような服装
キチッとした服装だからと言って、リクルートスーツのような堅い服装は避けましょう。
会場が暗くなりがちです。

・ブランド品ばかりでは
いいところを見せようとして、服からバッグ、靴などをブランド品で取り揃えていませんか。
あまりブランド品だと強調するようなファッションは、嫌がられます。
お洒落はさりげなく、あまり目立たないようにしましょう。

・露出のしすぎ
異性を意識しすぎての露出過多は厳禁です。
ちょっと下品に見えます。
極端に短いミニスカートや深いスリットなどは避けましょう。
特に、会場が居酒屋のように、座敷が想定できる場所では、ミニスカートはやめましょう。

・アクセサリーのつけすぎ
お洒落を意識しすぎて、アクセサリーをいくつも付けていませんか。
あまり付けすぎると、成金ぽくって嫌われます。
何も付けないのは寂しいので、1つか2つぐらいにしておきましょう。

・大きなバッグ
大きなバッグは、邪魔になりますので、なるべく避けましょう。
立食パーティーでしたら、小さめのショルダーバッグがおすすめです。
なお、ホテルの場合は、小さなバッグに必要なものを入れ、大きなバッグはクロークなどに預けましょう。

・履き古した靴下やストッキング
会場が座敷のような場所では、汚れた靴下や履き古したストッキングなどは避けましょう。
できれば、予備の靴下やストッキングを用意しておくと、いざというときに助かります。