★最新商品お披露目の場合

高額品を売る際は、オーダー性が高くなるケースが多いようです。

高額品の消費者は「機能」だけでなく、「デザイン」を求めるようになるといわれています。
そこで、「できたてホヤホヤ商品」をお披露目する場をつくると、効果的な受注促進になります。

特に新築、リフォーム、ガーデン、エクステリア 等の住関連では、効果的な手段になっています。

消費者は「新しい」ものを「見てみたい」という欲求を無意識に持っています。
ですから「完成商品見学会」では 全面的に「新しさ」を伝えることが重要になってきます。
その時に重要なのは、キャッチコピーの演出です。
これは、消費者に目をとめてもらうための工夫です。

 

例えば「完成現場見学会」のチラシで来場を促すためには、「写真」と「キャッチコピー」のバランスが重要になります。

チラシに載せる写真は、完成現場の全体を見せるのではなく、部分を強調するのがポイントです。
外観であればカッコイイ玄関を強調する、内観であれば素敵なダイニングを強調する、といった手法です。
それによって「デザイン」を強調することで、消費者の「見てみたい」という欲求をかき立てることができるからです。

キャッチコピーは、雑誌のように個々の写真に1つず つコメントを入れるのではなく、その現場・商品の「テーマ」と「ポイント」を絞り込むようにします。
それは、全部がわかってチラシで完結すると、来場してもらえないからです。
「テーマ」は、ライフスタイルを強調するキャッチコピーで表現し、「ポイント」は潜在ニーズを問いかけるキャッチコピーで表現することが重要になります。

「完成現場見学会」のチラシは、写真・キャッチコピーを使って、消費者心理を誘惑することが最も効果を上げるコツなのです。