コラボ&ノンセールでの集客

自社の取り扱い商品だけでセールイベントをしても集客には限界があります。
そこで、同じ客層を狙っている異業種とコラボレーションすることで集客を拡大するという方法が考えられます。

このときのポイントは、販売要素をチラシから打ち消すこと。
つまり「ノンセール」です

売るイベントではなく「役に立つ」など別の魅力があるイベントだとをイメージをさせることです。
「ノンセール」という印象によって来場しやすくなるので、集客する要素として重要です。

特に高額品を売る集客イベントの場合、ノンセールの「役に立つサービス」というのは欠かすことができなくなっています。

コラボレーションの集客パワーの有効活用がいいです。
異業種とのコラボレーシヨンのイベントというのは、ただ商品委託するだけでは集客するまでにいたりません。
来場したお客様に他のサービス要素をうまく盛り込むことが、欠かせない集客ポイントです。