「実演ライブ」で誘い込む

製造小売や食品製造小売・飲食店のように「技術」を売りにしている会社は、実演ライブイベントを行うのがが集客には効果的です。

商品そのものは日常的で当たり前のものですが、商品ができるまでの過程は消費者にとって非日常のものとなります。
それを実際に見ることができるとなると、そこに希少価値が生まれ、集客効果が絶大となるのです。

 

例えば魚市場で時々見られる「マグロ解体ショー」を、ある回転寿司店で開催したところ、1日あたりの来場客数が2倍以上に跳ね上がりました。
そのイベントをきっかけに店の当月売上は前月の1.5倍になり、マグロ関連商品の売上は前月比3倍以上になりました。

消費者からしてみれば、マグロの切り身は見慣れているものの、切り身になっていく過程はあまり見たことがない不思議な世界だったようです。
またもしテレビでは目にしたとがあっても、日常的に目にしているという人はそれほど多くないでしょう。
だからこそ、絶大な集客効果が生まれるのです。

 

実演ライブの成功のポイントには、次の3つがあります。

①職人さんが実演する時に、販売員がわかりやすく、めりはりをつけて解説すること
②見ているお客様に、職人がしていることを真似て実際に体感してもらうこと
③材料の鮮度、職人の指先等をデフォルメして伝えること

以上のような演出をすることにより、お客様は思わず見たくなるばかりか、思わず買いたくなります。
「商品ができる過程」をエンターテイメントとして伝えることで、絶大な集客効果が生まれるのです。

 

お客様の購買欲求を高めるのは、価格・価値だけではありません。

店に来る楽しさ、商品を見る楽しさを体感する「わくわく感」も重要なポイントです。
会社のよさ、商品のよさをエンターテイメント色豊かに伝える時代になってきているといえるでしょう。