オープンイベントのチラシ

最も売上をつくれるイベントは開店直後などの「オープンイベント」でしょう。
通常イベントの2倍以上の効果があるといわれています。

オープンイベントの際は「店舗力」と「イベント力」を生かします。

 

例えば新しくできた住宅リフォームのショールームでオープンイベントを開催するとしましょう。

成功するためには、まず宣伝をしなければなりません。
そのためにまずはチラシ作成を行うとします。

効果的なチラシ構成の1つのやり方として、チラシ表面を2面構成にするという方法があります。
左面半分はショールーム自体の紹介、右面半分はイベントの紹介です。

これには理由があります。
左面は「今すぐのお客」向けでショールームのよさを知ってもらい、即売上をつ くることを考えています。
右面は「そのうちのお客」「警戒しているお客」に、とりあえずショールームを認知してもらい、近い将来のリフォームの受注を考えています。

またコピー訴求も重要です。
せっかくのオープンイベントなのですから、「オープン」「OPEN」をPRすることがまずは効果的でしょう。
左面のショールーム紹介にも「オープン」、右面のイベント紹介でも「オープン」と、 Wタイトルにするなどで、1つだけ「オープン」と入れたタイトルよりも断然インパクト効果を出すことが可能となります。
またイベント紹介のタイトルにそれぞれ「OPEN」などと入れることで特別感が出て、イベントの集客パワーを上げることができます。

 

オープンイベントのチラシは、「オープン」「OPEN」というコピーの使い方で成果が変わるといっても過言ではありません。
オープンイベントは、店舗力・イベント力に加えて、オープン力を入れて、相乗効果を出すことが決め手です。
その力を上手にコーディネートすれば、圧倒的な売上を作り出せるに違いありません。