コピーライティング

説明はしすぎても、 しすぎることはない
お客様が納得いくまで、とことん説明する。
「コピーの長い・短いにこだわらない」お客さんは、必要な情報を求めています。
納得いくまで検討 ・吟昧したいし、そのための材料が欲しいんです。チラシを作る側が、「こんなことくらいお客さんは知ってるだ ろうとか、 「これは言わなくてもわかるだろうと高をくくるの は危険です。 たった lつ、その説明をしなかっただけで、お客さんが逃げていくことはしょっち ゅうあります。

要は、想定できる最も低い=知識の乏しい相手を想定して、でき
うる限り懇切丁寧でなければいけないのです。
コピーライテイングの世界に、混乱した脳はNO と言うという 有名な言葉があります。 いくらスム‐ズに 読んでいても、 1力所わからない部分、ひっかかる部分が出てくると、もうそれで脳はもうイヤとなる。 すべてが台なしです。 ですからそうならないように、できうる限り、親切でなければいけないんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です