痒いところに手を。

チラシを通して商品やサービスを買うキッカケとはなんでしょうか?
もちろんその答えは1つではないし、言ってしまえば無限にあると思います。ですが、中でもナンバーワンの理由を1つ挙げろと言われたらどうでしょう?

それは「こんなのが欲しかった!」というモノではないでしょうか 。これがまさにチラシの鍵なのです。
本格コーヒー並みのクオリティを持ったインスタントコーヒーであれば「チーズに合うコーヒー」と伝えるなど、お客様自身が「気づいていないけど求めていたこと」をチラシに書くのです。
言い換えれば、「やられた ! こんなの思いもつかなかった」と身につまされて感 じてもらえれば、そして、気づいてもらえればうまくいく。それがチカラのあるチラシです。
言葉を換えれば、それが盛り込まれていないチラシは、見てもらえないし、スルーされて終わりです。
そもそも、チラシなんて毎日、すごい数が折り 込まれてくるし、 街で受け取る手配りのチラシ、ポステイングされるチラシだって、すさまじい数です。
そんなの、いちいちじっくりと吟昧している余裕なんて、誰も持っていませんよね?

痒い所に手が届けば、その一枚で興味をもってもらえるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です