情報を正しく伝えるデザイン

すっきりとした読みやすい紙面を制作する場合は、ディスプレイ書体のような個性的で、読みづらい書体の使用は避けてください。すっきりとした印象に仕上げる場合は、ファミリー書体の使用をお勧めします。ファミリ一書体を使用して、紙面の役割(タイトル、見出しや本文など)ごとに文字の太さや大きさを変えていけば、全体の統一感を保持したまま、しっかりと強弱のあるデザインを実現できます。

本文などの「読ませる文章」には、細い書体を設定するのをお勧めします。太い書体にすると、それだけで読みづらくなってしまうからです。文字サイズは、大きすぎても小さすぎても可読性は損なわれてしまいます。紙面のサイズや用途に合わせた適切なサイズを設定することが重要です。併せて、行長(1行文字数)も検討してください。A4サイズの用紙で、文章を1段組みにすると、行長が長いために読みづらくなってしまいます。2段組みか3段組みにすることをお勧めします。

見せる部分(写真やタイトル)と、読ませる部分(本文や問合せ先)を明確に分けて、紙面にコントラストをつけると、すっきりとした印象になり、デザインの魅力がアップします。また、罫線を入れることにより全体を引き締めたり、アイキャッチで読み手を惹きつけたりすることもできるので、いろいろ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です