ウェディングブーケ

花嫁の持つブーケはウェディングブーケと呼ばれ、入場や記念撮影では欠かせないものです。
そして、髪飾りにお花をつけるときは、ブーケのお花も合わせたものを持ちましょう。
相乗効果でより引き立ててくれます。
ここでは、主なブーケを紹介しましょう。

・キャスケードブーケ
キャスケードとは滝のことで、滝が流れ落ちるようにお花がアレンジされているブーケです。
ボリューム感があり、ゴージャスに見えるブーケですので、シンプルなデザインのドレスによく合います。
Aラインのドレスにお似合いで、特に裾の後ろが長いタイプのドレスに映えます。

キャスケードブーケは長さのあるブーケなので、小柄な方が持つと少しバランスが悪く見えます。
このようなときは、少し短めのブーケを選びましょう。
また、小柄な方は、丸い大きめのお花を使用すると、かわいらしく演出できます。
キャスケードブーケが似合う式場は、やはり教会でしょう。

・ラウンドブーケ
小ぶりのお花を円形に集めたブーケで、立体感のあるドーム状の形をしています。
お花が密集しているので、大きさの割にはボリューム感がでます。
ブーケに大げさ感がないので、どんなドレスにも合わせやすいブーケで、かわいらしいイメージを演出します。
小柄な方は、キャスケードブーケよりも、こちらの方がバランスがとれて良いでしょう。

・クラッチブーケ
クラッチとは握るという意味で、お花の茎を長めに揃え、リボンなどでまとめたブーケです。
ブーケと言っても花束のようなイメージで、より自然な雰囲気が出せます。
また、茎の長さで感じが変わりますので、スタイリストに相談してみましょう。

クラッチブーケの場合は、持ち方にちょっとコツがあります。
茎の部分を持ったままですと、お花が上を向いてしまいます。
少し前に傾くように持ち、お客様にお花が見えるようにしましょう。
クラッチブーケは、自然の中で行うガーデンウェディングによく似合います。

ブーケはただの花束ではなく、そのときを演出する花です。
結婚式当日の季節感を感じさせれば、それはずーっと残る記念の花となります。
結婚式のときの花であり、結婚記念日の花になるかもしれません。
季節に合わせた花を選んで、ブーケを作ってください。